岩元貴久の社長日記

情報商人で有名なロックノーブルの岩元貴久のブログです。

ビジネス心理学を活用すれば、あなたのサイトの売上は倍増する!

  1. 投稿日 2008年6月25日 13時00分

岩元貴久です。


もし、あなたがインターネットビジネスで成功することを本氣で望んでいる...しかも、単なる成功ではなくナンバー 1として君臨するくらいの成功を目指しているのであれば、これからお伝えすることを最初から最後までしっかりと目を通してください。


わたしはこれから、あなたの人生を変えることになりかねないパワフルな話をします。


それはビジネスで成功している事業家、特に昨今のインターネットビジネスでもっとも稼いでいる人たちが持つノウハウについてです。


このノウハウを実践に活用することができれば、あなたのネット事業の売上を倍増させることなどとても容易です。


実際に、世界のトップクラスの成功者は、このノウハウを120%活用しているからこそ、何 十億、何百億という経済的成功を収めているのですから。


そうです。


これからお伝えするのは、売上を10%とか20%増やす程度のものではありません。


これを知り、実践に応用すれば、あなたのビジネスはあなたの属する業界でトップの存在になることでしょう。


その証拠に、アンソニー・ロビンス、ジェイ・エイブラハム、ロバート・キヨサキ、ロバート・アレンといった世界的にそれぞれの分野(自己啓発、マーケティング、お金、成功哲学など)でNo.1の存在とされているグル(その教えがもっとも影響力を持つ知的な指導者)は、このノウハウによって数十億、数百億単位の経済的成功を達成しているのですから。


さて、それでは世界トップレベルの成功者が活用しているノウハウとは何か?


一言でいえば、人間をよく知ること。


具体的には、人の心の動き=感情の動き=情動のメカニズムを知ることです。


人間は感情の動物である・・・この言葉に表せるように、わたしたちは喜怒哀楽をもっていて、その感情によって行動が左右されます。


例えば、好意をいだいている相手に対しては、その言動に寛容になり肯定的に受けとめます。


しかし、嫌いな相手に対しては、その言動を否定的にとらえがちで、ついつい相手の言動を批判的にみてしまいます。


同じ言葉、出来事に対して、そのときのわたしたちの心の状態によって、受け止め方、反応が変わってしまう・・・これは、あなたも経験しているでしょうからよくおわかりになると思います。


そして、もう1つの特徴として心の状態(情動)は、100%ではないにせよ、わたしたちはほぼ同じようなパターンを持っています。


ということは、情動のパターンを応用することで、他人をこちらの思い通りに導くことも可能になります。


また、相手の情動を理解することができれば、人間関係をよりスムーズにすることに役立ちます。


そして、顧客心理を把握し、導くことができるとすれば、インターネットビジネスの販売に大いに役立つことは言うまでもありません。


今まで、売れなかったものが今日にもバンバン売れ始める・・・といったことも可能なのです。


そして、実際にそれが現実に起こっています。


マーケティングの世界では「お客は頭でものを買うのではなく、感情で買う」という金言があります。


お客の感情の動き(情動のメカニズム)を知ることが、ビジネスで成功する黄金律なのです。


この情動のメカニズムは、一般に「心理学」という学問で教えられています。


アンソニー・ロビンスやロバート・キヨサキ、ジェイ・エイブラハムが世界トップレベルの思想家、アドバイザーとして知られるようになったのは、彼らのそれぞれの分野における実績やスキル、専門知識によるものではなく、それ以上に「人間の情動のメカニズム(心理学)についての深い知識とマーケティングへの応用」によるものなのです。


例えば、ジェイ・エイブラハムは世界一のマーケッターと言われています。世界一高額なアドバイス料を請求する男・・・それでもコンサルティングの依頼が世界中から舞い込むということが、彼を有名にしました。


ジェイが世界でもっとも優れたマーケティングの知識の持ち主であり、そのテクニックは他者を寄せつけないほど優れているかといえば、それは誰にもわかりません。


なぜなら、マーケティングのスキルの優劣は比較の対象がなく、世界一を決める基準など存在しないからです。


それなのに、どうしてジェイ・エイブラハムは世界一のマーケッターと呼ばれるのでしょうか?


それは、彼を世界一のマーケッターであるように思わせるように導いたからです。


思わせる・・・つまり、人の情動をうまくとらえることで、彼のねらいどおりのブランディングを築いたのです。


ジェイ・エイブラハムが心理学を深く研究していることはよく知られています。


彼は世界一のマーケッターというよりも、心理学にもっとも詳しいマーケッターの一人であるといったほうがよいでしょう。


アンソニー・ロビンスは、NLPを応用し、それに彼独自の講演スタイルを組み合わせて、自己啓発の分野でカリスマ的な存在になりました。


彼の専門スキルはNLPや心理学になりますが、NLP、心理学の世界ではアンソニー・ロビンスよりも専門知識を持つ大学教授や心理カウンセラー、セラピストは数多くいることでしょう。


しかし、アンソニー・ロビンスほど知名度や影響力を持ち、経済的成功を収めている人はいません。


すなわち、単に心理学という学問を知っているだけ、またはその心理学をカウンセリングといった直接的なサービスとして提供するだけでは、アンソニー・ロビンスのような経済的な成功は収められないということです。


経済的な成功には・・


 心理学をマーケティングに応用して実践することが重要なのです!


さて、心理学と一口に言っても、その範囲はとても広い。最近では心理学を「科学」と呼んでいて、人間科学、行動科学、認知科学、神経科学といった専門分野にわかれ、大学で教えられています。


なので、心理学を学ぶと言っても一体何を勉強すればいいのだろう?ビジネスで成果を上げるために何を学べばよいのだろう?と困惑してしまいます。


わたし自身、何から勉強したらよいのか途方にくれました。


一体何からはじめたらいいのだろう?・・・実に素朴な疑問ですが、とても重要なことです。


何から手をつけて、何を勉強することが、目的とするビジネスの成功に役立つのか?


それから、心理学を学習するにあたって、まずその文献の読みにくさに閉口することでしょう。


学術的な言い回しや専門用語が多く、理解しにくいどころか、読んでいてちっとも楽しくありません。


なので学習がははかどらないのです。また、内容が頭に入ってこない・・・とてもストレスを感じてしまいました。


そもそも心理学の研究家になるのが目的ではなく、ビジネスに生かすことが目的ですから、心理学の歴史やすべてのテクニックを学ぶ氣はありません。


でも、どの知識がビジネスに応用がきくものなのか見当がつかないので、仕方なくすべてのページを読むしかなかったのです。


今思うと、随分と遠周りをしたと思います。


そのうち、本で学ぶことを中断し、もっと効率よく学ぼうとセミナーに参加することにしました。


そこで、NLPや行動科学、それからマーケティングで成功を収めている人、コピーライターとして成功している人のセミナーを中心に受講しました。


また、それと並行してわたしが過去に参加した世界トップレベルの講師のセミナーや情報商材の販売サイトのセールスレターを読み返して、心理学のテクニックがどのように生かされているのかを研究したのです。


わたしがこれまで参加したセミナーの典型的な例としては;

3日間で参加費50万円のセミナーの場合は、参加者数600名でした。つまり、このセミナー売上は3億円ということになります。


しかもその3億円の売上を、たった1つのセールスレターが稼ぎ出したことが驚きです。


他には、4日間で参加費20万円のセミナーがあります。こちらは参加者数1,400人ほど。売上にして2億8千万円。しかもそれだけではありません。


セミナー会場では、次のステップとして150万円のセミナーを販売していて、300名が申し込みました。つまり、4億5千万円の売上です。


合計では7億3千万円ということになります。


1つのセミナーイベントで億単位の売上を軽々と上げてしまう・・・

それが心理学をマーケティングに応用することの威力です。


実は6月上旬にアンソニー・ロビンスのセミナーに参加してきました。


今回のセミナーは、アンソニー・ロビンスのセミナーにしては珍しく400名程度の比較的小さなセミナーでした。


そして、いつものようにセミナー会場の周りではアンソニー・ロビンスの情報商材が売られています。情報商材だけでなく、帽子やTシャツ、マグカップなども売られています。


セミナーの内容は、これまでアンソニーが教えてきたことをリーダーシップというテーマでまとめたもので、非常に有益なものでした。


ただ、わたしにとってそれ以上に価値があったのは、そこでアンソニーが行う参加者の情動を見事に導くテクニックです。


400名近くの参加者の表情がアンソニーの言葉に応じて変化します。
それは、参加者の心の状態を表しています。


尊敬、信頼、確信、安心、興奮、愛、期待、感謝・・・参加者の中に生じる情動です。


それから、参加者間で交わされる会話の中にも、心理学に記されていることがおもしろいように顕著に表れます。


実に見事なものでした。


わたしは、その間ずっとアンソニー・ロビンスが何をもって聴衆の情動を動かすのかを考えていました。そして、あることに氣づいたのです!


「も、もしかして、こういうことなのか!?」


これまで何百通りものセールスレターを書き、千を超えるセールスレターを読み、3000万円以上もの投資をして世界クラスの講師のセミナーに参加してきて、その中に共通して見られる情動を動かすポイントに氣づいたのです!


わたしは飛び上がって喜びました。


「これだ!これに違いない」


そう思った時、わたしはセミナー会場を後にしました。


まだこの後、セミナーは続くにもかかわらず、わたしは目的を達したこと、そしてそれを早く確かめたくて、帰路についたのです。


今だから言えるのですが、マーケティングでおさえておくべき心理学の知恵は、3つです!


数ある心理学、行動科学の発見のうち、たったこの3つをセールスレターや販売ページに応用するだけで、あなたのネットビジネスの売上は倍増します!

もしもあなたが・・・

- メルマガを発行しているなら、読者はあなたの思った通りの反応をするでしょう

- ブログで情報を発信しているなら、読者はあなたが勧めるものを購入するでしょう

- セミナーを主催するなら、セミナー会場であなたの商品・サービスが飛ぶように売れるでしょう

- 著者なら、あなたの本を口コミで紹介する人が増えるでしょう

- 既存の顧客リストを持っているなら、既存客からの売り上げだけで、十分に利益をあげることでしょう


ビジネスで成功するためのもっとも重要なスキルは・・・


ここまででかなり長文になってしまいましたので、この続きはこちらのページからご覧ください↓

http://www.emz.jp/seminar/spseminar08.asp