岩元貴久の社長日記

情報商人で有名なロックノーブルの岩元貴久のブログです。

旅行するときはガイドがいると便利・・・

  1. 投稿日 2008年7月17日 01時00分

こんにちは、岩元貴久です。


日本滞在中、福岡、大阪、名古屋、東京で仕事があったのですが、途中広島と京都へ足を伸ばしてきました。


長男のケヴィンを帯同していたので、できるだけ日本を実感できるような場所を訪れようと考えました。


広島は、わたしにとってもはじめての訪問でした。


そして新幹線で広島駅に降り立ち、さててはじめに原爆ドームへでも行こうと思いはしたものの・・・はて?どうやったらそこへ行けるのか?


そもそも原爆ドームはどこになるのだろう?


地図も持たずに、行けばなんとかなるさという氣もちでいたため、勝手がよくわかりません。


そこで宿泊先のホテルに電話を入れ、ホテルへ直行してのちに観光したほうがよいのか?それとも最初に観光したのちにホテルへ向かった方がよいのか?


そんな初歩的なことから悩んだほどでした。


計画も白紙の状態ですから、何をするという明確な目的・目標もなくまた時間の配分もわからないまま・・・あせりさえ感じる部分もありました。


結果的には、駅のインフォメーションセンター、駅員、タクシーの運転手の方々に確認しながら、原爆ドームと宮島を訪れることができましたのですが・・・。


せっかく広島に行きながらも2か所しか訪れることができなかったので、もっと広島の地理関係や見どころを知っていたら、長男にもっとたくさんの思い出をつくってあげられたのに・・・とちょっぴり後悔しました。


そして翌日は、京都に移動。


京都では、まずホテルのチェックインを済ませ、京都在住の友人である赤城夫婦と合流しました。


会話もはずみとても楽しく充実した時間を過ごしたのですが、特によかったのは、何もあせりを感じなくて済んだこと。


なぜなら、京都のことをよく知っている赤城夫婦が、わたしたちに観光の見どころのオプションを示してくれたからです。


わたしたちに
「何をしたいですか?」
「どういうところがお好みですか?」
「○○と○×がありますが、どちらがいいですか?」

そしてときには
「ABCはどうですか?」とガイダンスおよびアドバイスをしてくれるからです。


そして、どこそこの場所は、なになにが楽しいですよ。といった経験談を語ってくれたりもしました。


短い滞在時間の間、金閣寺や映画村、聖徳太子ゆかりのお寺とか効率よく、そしてわたしたちが希望する場所へとガイドしてくれたのです。


今回の京都訪問は、赤城夫婦のおかげで本当に楽しくて充実した時間をすごすことができました。


自分がよく知らない所を訪れるとき、その土地に詳しい、そして経験豊かなガイドがいるのといないのとでは、大違いです。


ガイドがいることで安心だし、心強いし、そして自分の希望する目的地に効率的にたどり着くことができます。


これをわたしたちの人生に置き換えると、コーチがガイドの役目になるのですね。


コーチは、自分が本当に望んでいることは何かを見つけるための適格な質問をしてくれます。


そして、その目標に向かうにはどのルートをとればよいのか?を教えてくれます。


途中、道に迷ったら軌道を修正してくれるアドバイスをしてくれます。


何よりも、一緒にその道を歩んでくれます。


もちろんコーチがいなくても、目標を達成することは可能でしょう。


でも、コーチがいることで目標を達成するスピードが上がるでしょうし、確実性が上がることでしょう。


よいコーチは、常に目標に向かって行動する一歩一歩の歩みを踏ませてくれるのです。


もし、あなたがコーチをお探しであれば、下記URLをクリックください↓

http://iwamototakahisa.com/coaching.html