岩元貴久の社長日記

情報商人で有名なロックノーブルの岩元貴久のブログです。

個の力を磨く

  1. 投稿日 2013年6月12日 01時00分

岩元貴久です。


先週、サッカー日本代表の長友選手の「俺はすべてをやりきった」という言葉を紹介しま
した。


今回は同じくサッカー日本代表の香川選手のインタビュー記事からインスパイアされた言葉
を紹介します。


「チームの主力として『オレがやるんだ』『オレが代表を勝たせるんだ』という意識を持って、
チームをリードしていくことができなかった。」

世界のトップチームで活躍する香川選手なので、戦術を考える力、技術はかなり高い。その
彼が自分で足りない部分は「メンタル:自分が違いを生み出すという意識」であったと言って
いるのです。


そして、世界トップレベルの選手達をこう評しています:
「(マンチェスター・)ユナイテッドの選手はみんな、基本的に『自分が、自分が』という
スタイルで、周囲に合わせるってことがない。自分にボールを寄こせっていう選手ばかり。
だけど、それだけ気持ちが強いから、しっかりと結果を残している。
自分ひとりで(チームに)”違い”を生み出せる選手なんです。」


日本の選手はどうかというと:
「今の代表はチームワークを大事にして、『チームのために』という考えを持った選手が多い。
それは、カッコいい言い方だけど、それだけを重視してもダメ。
チームワークだけじゃ、世界では勝てない。『オレがやるんだ』という強い気持ちを持った選手
がもっと必要だし、そういう選手が増えていくことが、世界で勝つには不可欠」


そのためには、何が必要かという問いに:
「個ですね。個を高めていく以外、ないと思います。僕のポジションで言う”個の力”というのは、
ゴールを自分ひとりでも、(周囲との)コンビネーションでも決められる力。」

「選手個人だけを見たら、多くの選手が海外に出て、ひとりひとり成長した部分はあるけど、
代表として集まったときに、まだまだ個の力が足りない。」

「全体的に個の質を上げて、その部分がもっともっとチームの力として反映されてこないと、
(W杯では)話にならない」

香川選手は、選手一人ひとりが、本人視点での「個の力」を伸ばすことが大事であるのと同時
に代表チームとしての「個の力」を強調しています。


これはどういう意味か?


チームとして力を発揮するには、個人がそれぞれ自分が目指す目標(価値観)に向かってスキル
を伸ばすことに加えて、チームの目指す(価値観)目標に自分(の価値観)が合致している
ことも等しく重要だということです。


具体的に言えば、個人の目標が世界有数のクラブチームでレギュラーとして活躍し、年収をいくら
獲得する選手になるとしましょう。


もう1つは、日本代表チームがW杯で世界一になるという目標があるなら、その目標を既に達成
しているチームで自分がプレイしているのなら、そのときの自分が持っているべき、戦術眼、
技術、意識のレベルがある。


個人の目標を達成するための自分のレベルが、チームの目標の中で自分にもとめられるレベル
とが一致していること。


私たちは、何事も一人で達成することはできません。例え個人事業であったとしても、必ず
誰かと一緒に仕事をします。


また、その影響の範囲は自分を超えて、家族、知人、グループ、会社、地域、国へと影響して
いくのですから、自分自身の価値観だけをみるのではなく、社会(コミュニティー)の価値観
でもとめられる自分という意識も等しく重要な要素です。


それがあって、初めてビジネスは成功するし、自分の影響力を高め、自身が充実を感じながら
社会に貢献できるのですね。


今回の香川選手の言葉に、こうしたインスピレーションを得ることができました。


香川選手、それからこのインタビュー記事を書いてくれたWeb雑誌「スポルティーバ」に
感謝します。


あっ、あとお忘れのないようにお伝えしておきます。


『正負の法則セミナー』の早期申込み割引キャンペーンの期限は本日が最後です。


本日(6月12日に)お申込みになると、早期割引 3,990円で受講できます。

http://www.forestpub.co.jp/seifu/


明日になると定価に戻ります。参加を希望されるのであれば、本日申込むとお得です。

http://www.forestpub.co.jp/seifu/


それではよい1日をお過ごしください!


岩元貴久